2007年08月19日

ハヤシライスの男

気が付けば今日もまた来ている 君といつもいた店に
今はもう来るはずのない君を待って

別に好きじゃなかったけどいつも食べてたハヤシライス
『また食べてるの?』と笑う君の顔がただ見たかったんだ

この席で一緒に考えたアドレス 君と僕の名前入り

永遠に続くと思っていた あの日 あの日が来るまでは
今はもう来るはずのない君を待って 冷めてゆくハヤシライス

目を輝かせ夢を語る君に 素っ気なくしたのは
君がどこか遠く去ってくのが怖かったからさ

この席で最後に食べたハヤシライス 君と僕の涙入り

もしも今日君に会えたのなら 僕は何を言えるだろう
あの日言えなかった言葉探しながら 冷めてゆくハヤシライス

ドアが開いて 吹き込んだ風の薫り
デミグラスフレーバー
君の面影はなく




posted by 寺尾 at 22:56| Comment(0) | 寺尾の生前葬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。